確定申告

【2020年版】スマホでやる確定申告

スマホ申告とは

スマホ申告とは、スマートフォンだけで確定申告ができる方法(無料)です。
スマホ申告もe-Tax(電子申告)なので、書面などを印刷する必要がありませんし、添付書類の提出も不要です。
従来のe-Taxとの違いは、パソコンを使わずにスマートフォンの専用画面でデータを入力できることです。
e-Taxは2019年から始まり、2020年からはさらにスマホ申告できる対象範囲が広がり、どんどん便利になってきています。

確定申告はスマホ1台で完結する時代です

e-Tax(電子申告)はパソコンを使うことが前提でしたが、「スマホ申告」ではパソコンは不要です。
今までも、スマホのPC画面を使えば、国税庁サイトの「確定申告書作成コーナー」からスマホでもe-Taxすることは可能でしたが、画面が小さいスマホでは現実的ではありませんでした。

2019年から始まった「スマホ申告」では、「確定申告書作成コーナー」がスマートフォン専用画面で入力していけるので、スマートフォン便利になりました。

スマホ申告の対象範囲

2019年は、
・年末調整が済んだサラリーマン(給料は1か所のみ)
・医療費控除、寄付金控除(ふるさと納税など)の申告をする人
に対象が限られていましたが、

2020年からは、
副業(雑所得)の収入があるサラリーマン
2ヵ所以上から給料をもらっているサラリーマン
・14種類すべての所得控除が対象
と範囲が拡大しました。

(事業所得や不動産所得がある人は、まだスマホ申告は対応していません)

スマホ申告の方式


2020年からは、ICチップの情報が読み込めるNFC対応スマホであれば「マイナンバーカード方式」でもスマホ申告が可能になりましたが、結局はマイナンバーカードが不要な「ID・パスワード方式」によるスマホ申告が最も簡単です。

「ID・パスワード方式」であれば、どんなスマホでもスマホ申告が可能です。
それだけでなく、AndroidのタブレットやiOSのiPadでも、スマホ申告が可能です。

結局は、
ID・パスワード方式によるスマホ申告
最も「簡単」で「速い」!

ID・パスワードのもらい方

「ID・パスワード方式」は、マイナンバーカードやICカードリーダライタが普及するまでの暫定措置とされていますが、普及には数年の時間がかかるでしょうから、当分はこの簡易方式が続くものと思われます。

この「ID・パスワード方式」により、パソコンから簡単にe-Taxができるようになっただけでなく
新たにスマホだけで確定申告が完結できるアプリもできたため、かなり利用者が増えると予想されています。

しかし、この方式のIDとパスワードをもらうためには、本人確認が必要ですから、一度は税務署に行って「ID・パスワード方式の届出完了通知書」をもらってくる必要があります。

ID・パスワードがもらえる税務署は、自分の管轄の税務署だけでなく、全国どこの税務署でも受け付けてもらえます
このため、サラリーマンは昼休みに会社の近くの税務署でもらうとよいでしょう。

<ID・パスワードのもらい方>

準備するもの
・運転免許証などの本人確認書類
・パスワード(英小文字数字混在8文字以上)を考えておく

近くの税務署に行く

申請用紙に氏名と住所を記入

職員の指示で専用パソコン
氏名、住所、生年月日、職業、パスワード」を自分で入力する。

確認用の紙が印刷される。

職員に運転免許証とともにを見せて本人確認しもらう。

IDとパスワードが記載された「ID・パスワード方式の届出完了通知書」が印刷される。

以上
すいていれば、5分で終わります。

早わかり! 知れば知るほど得する税金の本

出口 秀樹 三笠書房 2017年09月22日
売り上げランキング :
by ヨメレバ
あなたが「金持ちサラリーマン」になる方法

副島隆彦 コスミック出版 2019年01月15日
売り上げランキング :
by ヨメレバ