ふるさと納税

ふるさと納税

ふるさと納税は必ずトクをする制度

ふるさと納税は、ルール通りにやれば、必ず得をする制度です。

⇒ふるさと納税の事例

⇒独身者の寄付金上限めやす

⇒「ワンストップ特例」で簡単ふるさと納税

年収が300万円ぐらいのときは、納税額も少ないため、まだ3万円くらいしか寄付できませんが、
稼ぎが増えるほど、納税額が増えるため、寄付できる額も増えます。
若いうちから、早くふるさと納税の制度を理解して、実行に移すほどお得です。

若いうちは、返礼品でトクをすることよりも、ふるさと納税で「税金全体のしくみが理解できた!」ということの方が重要です。
なぜなら、税金のしくみは、知らない人ほど損をするようにできているからです。

ふるさと納税で損をしているのは誰?

ふるさと納税制度は、寄付した方も、寄付された方もトクをする制度のように思えますが、

確実に損をしている人たちがいます。

ふるさと納税は、本来自分の住んでいる自治体に納めるべき税金の一部を、他の自治体に移しているわけですから、自分の自治体の税収は減ることになります。

税収が減った分は、住民全員で等しく負担することになります。

ふるさと納税をした人は、その負担を返礼品で大きく取り返すことができますが、「やっていない人」は何の見返りもありません。

結局、ふるさと納税を「やっていない人」たちが、唯一損をすることになります

しかも、損をしているとは夢にも思っていない人も多いので、胸が痛いです。

ふるさと納税をやらない人たち

「ふるさと納税」という言葉の認知率は100%近いですが、
実際に「やっている人」は1割しかいません。

しかし、 もし全員がふるさと納税をやってしまったら、
都会の税収が減りすぎて、ふるさと納税制度の継続自体が困難になると思われます。

つまり、今のふるさと納税制度は、9割の「やらない人」たちのおかげで成り立っているのです。

早わかり! 知れば知るほど得する税金の本

出口 秀樹 三笠書房 2017年09月22日
売り上げランキング :
by ヨメレバ
あなたが「金持ちサラリーマン」になる方法

副島隆彦 コスミック出版 2019年01月15日
売り上げランキング :
by ヨメレバ